藤倉紡織機具店

〒326−0034
栃木県足利市久松町36−2
TEL/FAX:0284-41-0285
IP電話:050-3318-1646
 

展示会のご案内

2018/11/10
長部紀美子 個展
シルクテープを中心に草木で染め織りました。

11月13日(火)〜17日(土) AM11:00〜PM5:00
(最終日PM4:00まで)
千疋屋ギャラリー
東京都中央区京橋1-1-9 千疋屋ビル2階
http://www.senbikiya.co.jp/g-tenrankai.html

↓クリック(拡大)


展示会のご案内(終了)

2018/11/01
結遊会染織展
千葉・松戸市を拠点に活動しております手織りグループの作品展です。

11月4日(日)〜10日(土) AM11:00〜PM6:00
(初日PM1:00より/最終日PM4:00まで)
東京交通会館(有楽町駅前)1階パールルーム
東京都千代田区有楽町二丁目10-1
http://www.kotsukaikan.co.jp/

↓クリック(拡大)


(1号)シャトルが翔んだ日

2018/10/30
最近、需要の多い飛び杼バッタンです。
作業効率が良く、プロ仕様のバッタンです。
両端の杼箱からシャトルがはじき出され左右を行き来します。
https://www.youtube.com/watch?v=Sc-bgad85vI

通常松葉シャトル(画像中央、奥)を使用しますが、今回ご注文いただきました仕様は当店で1番大きい1号シャトル(画像中央、手前)に対応するもの。

要はシャトルの大きさに合わせ杼箱も大きくする必要があるのですが、このシャトルと杼箱との隙間が微妙なんですよね。
シャトルが吸いこまれるように杼箱に収まり、杼箱からストレスなく飛び出していく寸法。
初めて作るものは試行錯誤の連続です。
この度、完成し納品する事ができました。

↓クリック(拡大)


展示会のご案内(終了)

2018/10/23
16人の紡ぎ人展

布衣風衣の仲間達で手紡ぎ展を企画しました。
綿を育てて収穫し、綿繰り、糸紡ぎ、染色、
織りまで16人が各自で作業した作品です。
原料が同じでもそれぞれ風合いが違います。
江戸時代の幟も展示し、お待ちしてます。

10月25日(木)〜31日(水) AM10:00〜PM4:00
染織伝承館 布衣風衣(ふいふうい)
千葉県君津市糸川424
https://www.fuifuui.com/

↓クリック(拡大)


ホームページリニューアルのお知らせ

2018/10/13
平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。
この度、かねてより準備を進めておりましたホームページのリニューアルが完了しました。
 
今後とも皆様へのサービス向上のため、更なる情報の充実を図ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


幸手市郷土資料館

2018/08/06
かつて養蚕業、製糸業が盛んに行われていた埼玉県・幸手市。
旧幸手准看護学校の校舎を活用し、市が所有する文化財や歴史的資料、歴史的公文書を一元的に保存・管理し、資料やこれまでの調査、研究の成果を公開する郷土資料館に文書館の機能を加えた施設として整備が始まりました。

その一環として「機織り体験学習・市民ボランティア養成講座」が7月21日から8月4日(前期:機織り)まで郷土資料館にて行われました。
今後、受講されたボランティアの方により幸手市の皆さんにも機織りが身近な存在となれば嬉しいですね。
応援してます。

↓クリック(拡大)手織機TM455-4型を使用。


モンゴルより

2018/07/23
工場は今日も38℃!
暑い日が続いておりますが、皆さんも体調を崩されませんようご自愛ください。

さて、今年4月モンゴルに渡った手織機(TT120型飛び杼バッタン仕様)が徐々に稼働し始めたようです。
写真が届きましたが、当然室内のためモンゴルらしさはありません(笑)。
大草原、遊牧民、ゲル(家)など勝手に想像してはいけませんね。
今後の展開が楽しみです。

↓クリック(拡大)


工場だより

2018/06/29
関東地方、史上最速の梅雨明けだそうで、、、
今年の夏はいつもの夏より長くなりそうな、そんな気がして。

工場にエアコンはありません。
扇風機が相棒です。
数えたら7台ありました。笑
本日、すでに35℃。
熱中症などには十分注意して、頑張っていきます。

↓クリック(拡大)


鰹節の仕入れ?

2018/06/25
ではありませんよ。(*_ _)人ゴメンナサイ
中古の刀杼を仕入れました。
当店では数少ない外注製品の刀杼ですが、刀杼を作る職人さんの減少もありますが、機屋さんの廃業などで中古品が出回るようになりましたので、当店でも中古品を仕入れるようになりました。
ただし、中古品の仕入れ価格も上がってきた事もありますし、今後枯渇する事もあるかと思いますので、自作する準備をしなくてはいけませんね。

※傷などを削り、磨き直すので一回り小さくなりますが、お使いいただくのには何の支障もございません。少々両端が黒ずんでおります。

近辺では結城紬などの地機で使用されています。
刀杼にはヨコ糸が中に入っており、ヨコ糸を通す事と打ち込みの二つの役目を持っております。
http://www.tochigi-edu.ed.jp/furusato/detail.jsp?p=65&r=397

↓クリック(拡大)


足利銘仙・手織り体験

2018/06/22
足利商工会議所(友愛会館1階)にて手織り体験が始まりました。
昨年より手織り技術者の養成を行い、技術を習得されたスタッフが講師となり、市民を対象として行うそうです。

※要予約です。
開催日:毎週月曜日〜金曜日(祝祭日除く)
時間:10:00〜17:00(所要時間1時間程度)
参加費:無料
場所:足利商工会議所(友愛会館1階)
栃木県足利市通3丁目2757
TEL:0284-21-1354(問合せ、申し込みは観光課)
http://ashikaga.info/

正直なところ、観音寺市と比べ小規模な内容でがっかりしております。
セットされた経糸を織っていくだけの単純作業。
足利市民のみ対象。
無料だから織った生地も持ち帰れないでしょう。
さて、需要がどのくらいあるか?心配です。
観音寺市のような取り組みが出来るといいんですけどね。でも、応援してますよ。

↓クリック(拡大)



手織機・整経・シャトル・管巻き・揚げ枠・座繰などの
手織用具を工場からお客様へ全国配送いたしております。