藤倉紡織機具店

〒326−0034
栃木県足利市久松町36−2
TEL/FAX:0284-41-0285
IP電話:050-3318-1646
 

職人だより

2020/09/13
「職人」なんて大袈裟な言い方は好きではないですが。

先日、納品いたしました桜材の手織機BH型。
あえてお客様にはお伝えしませんが、少し職人の遊び心を施しております。
今回分かり易い所では、踏み木を一枚板から6本に割き順番通りに組立てております。
条件が揃わなければ難しい事ですが、今後も自身の楽しみとして遊びを取り入れていければと思います。
気付くかな?

当店ではお客様に手織機の材質(松、タモ、桜、ケヤキなど)を選んでいただいてお作りする事も可能です。(S型、卓上除く)
※タモ、桜、ケヤキは別料金です。

↓クリック(拡大)


美しいキモノ 2020年 夏号

2020/08/19
残暑お見舞い申し上げます。
涼しげな麻織物で癒されるひと時はいかがでしょう?
"越後上布と小千谷縮の現在"と称し、特集記事がございました。

一概に小千谷縮と称されますが製法により重要無形文化財、寿小千谷縮、伝統工芸品、小千谷縮などに分類されるなど詳しく載っており勉強になります。
また、どこの産地にも同じ課題でもあります後継者育成、新しい製品作りなどの取り組みが紹介されております。

そしてお世話になりました機屋さん(山岸織物様)の記事もございましたので購入してまいりました。

↓クリック(拡大)※写真右:先日、工場内は41℃(激汗)


小千谷織物工房(新潟・小千谷市)

2020/07/23
「小千谷織物工房」も訪問してまいりました。
小千谷織物(小千谷縮、小千谷紬、片貝木綿)の歴史や製作工程を学ぶ事ができます。
新潟県小千谷市城内1-8-25(小千谷サンプラザ内)
http://www.ojiya.or.jp/
http://www.johfu-chijimi.jp/index.html
https://www.youtube.com/watch?v=Mu87wIliMwk&feature=emb_err_woyt

この地域は豪雪地帯です。
だからこそ環境が生み出した"雪さらし"という工程。
テレビなどでは拝見した事がありますが、この美しい光景をいつか実際に見てみたいですね。

以前から体験工房「織之座」では当店の手織機S型を使用していただいております。
現在、コロナの影響で体験は休止しております。
これから夏休みに入り、子供たちでにぎわうはずが…
残念でなりません。
とっても可愛い絵絣のコースターが織れますので、コロナが終息した際は大人の皆さんも是非!
べっぴんさんのマネキンもこちらです。

この度はお忙しい中ご対応いただきました機屋さん、組合の方にあらためて感謝申し上げます。

工房の真向いには有名な「錦鯉の里」もございます。
エサやり体験は大迫力です。
こちらもチェックです!
新潟県小千谷市城内1-8-22
https://nishikigoinosato.jp/

↓クリック(拡大)


小千谷縮(新潟・小千谷市)

2020/07/23
新潟・小千谷市の機屋さんから依頼され、いざり機の用具を製作し、勉強もかねて納品に伺いました。
この地域でも道具屋が少なくなっているそうです。

今回は男巻、筬柄、布巻、中筒の製作と杼の直し(削り直し)です。
初めて作った物は中筒です。
結城紬のいざり機と基本構造は同じですが、中筒は結城紬のいざり機には存在しません。
ただし、結城紬のいざり機には中筒と同じ機能を構造上に織り込んでいます。
※中筒はアヤ棒の補助具です。

杼も異なり手に馴染みやすい形状になっていますね。
杼は削り直して使い続けます。
※写真右:結城紬の刀杼。この辺では刀杼と物騒な名前です。

↓クリック(拡大)※写真中央:「小千谷織物工房」内のマネキンがべっぴんさんで、覗き込むお客さんがよくガラスに頭をぶつけるそうです(笑)


何でしょうか?

2020/07/12
都内からコロナ禍に珍しい品が注文になりました。
もちろん織り道具の部品ではありません。
でも何の部品なのか分かりません。
数量も500個です(汗)
長さ9cm、何かの柄(ハンドル)ですかね!?
依頼主にお聞きするのを忘れました(汗)
当店はいわゆる一般的な木工所ではないのですが、このような注文が入るという事は木工所が減ってきたという事ではないかと心配してます。

さて、この柄に埋め込みました部品名は「鬼目ナット」です。
なにやら物騒な名前ですが、由来は鬼の角、または鬼のこん棒のイガイガからでしょうか?
知らんけど(汗)

↓クリック(拡大)


テレビ番組のご案内(終了)

2020/07/01
昨年に続き丸三ハシモト様(滋賀・長浜市)からご依頼いただき、糸巻き機(座繰り機)を製作いたしました。
昨年の座繰り機も織り道具にはない構造と用途でびっくりしましたが、今回も初見「なんじゃこりゃ!?」でありました。
ついに板金作業が待っていました(汗)
構造を簡素化し、慣れない板金作業も楽しく何とか仕上げました。

丸三ハシモト様は和楽器(三味線、琴など)の絃を製造するメーカーです。
ナイロン製が主流の今、伝統の絹糸から作り出す絃に国内外から注目されております。
http://www.marusan-hashimoto.com/index.php

そんな丸三ハシモト様がテレビで紹介されます。
最後の○○〜日本のレッドデータ〜
NHK BSプレミアム
2020年7月3日(金)23:15〜23:44
https://www.nhk.jp/p/ts/7KG62328PX/

↓クリック(拡大)


糸引き車・ツム作り

2020/06/21
糸引き車の一番重要な部品、ツム作りをしております。
1本1本手作りで神経を使う、あまり好きではない作業です。
集中力、体力ともに一度に取り掛かれる本数は50本ほどで、数日間没頭しております。
今回は60本取り掛かり、30%はボツになる予定(笑)
先端の形状が要です。
※本製品は当店の糸引き車用です。小売りもしておりますが、他社製品へのご使用にあたってはお客様の判断、責任でご使用ください。

↓クリック(拡大)


お店だより

2020/06/11
一見すると普通の筬ですが、実は5センチ毎に密度(5羽/cm〜17羽/cm)が異なります。
お店に置いてある筬のサンプルです。
お客様が密度に関してイメージがわかない時に一目瞭然、店頭でも大活躍しております。
個人や教室などに1枚あると便利かもしれません。
仕様などは変更可能ですのでご相談ください。
ご用命お待ちしております。

↓クリック(拡大)


工場だより

2020/06/09
本日、隣の佐野市は気温35.1度の猛暑日!!
我が工場も暑かったです。

その佐野市は佐野ラーメンで有名ですが、鋳物(天明鋳物)の町でもあります。
当店では手織り機に使用しますギヤ、ストッパーなどを作っていただいております。
ただ前回の製作から10年以上たち、世の中の状況も変わり最近は美術工芸品に重きを置いている事と自動化が進んだため小物の部品などを作ってくれる所を探すのが困難になってきました。
そんな中、頼りになる鋳物屋さんが引き受けてくれました。
溶けた鋳鉄は1300度以上、非常に過酷な作業です。
ありがとうございました。

↓クリック(拡大)


紬織物技術支援センター(栃木)

2020/03/24
紬織物技術支援センターでは、国の重要無形文化財、伝統的工芸品に指定されている結城紬織物の試験・研究、技術支援及び後継者育成などを行っています。(紬織物技術支援センターHPより)
https://iri.pref.tochigi.lg.jp/index.php?id=120

本日、年明け早々から準備してまいりました手織り機T120型(4台)を納品、組立て設置を完了致しました。
真新しい建物、充実した設備、贅沢に県内産の木材をふんだんに使用した内装、当店の手織り機を設置できる事に感謝しております。

結城紬では地機を使用しますが、広幅の高機の役割りや可能性、今後の展開に期待しています。
※地機は20台ほど設置されるようです。

↓クリック(拡大)



手織機・整経・シャトル・管巻き・揚げ枠・座繰などの
手織用具を工場からお客様へ全国配送いたしております。